[b]ニコンの純正標準ズームレンズ24-120mm f4を写真講座で使用しております。

当ブログの写真講座でメイン機として使用しているのはD3200とレンズは24-120mm f4です。

D3200はNikonのエントリーモデルです。エントリーモデルとは「試しに使ってみて良ければ上位モデルを購入してください」の立ち位置です。

そのため価格が抑えられていたり機能が省略されています。デジタル一眼レフカメラの入門用や初心者向きとしてコストパフォーマンスに優れていますよ。

D3200については紹介してあるので下記の記事をご覧ください。

[b]日常を撮ろう!D3200は小さく軽いから毎日持ち運びやすい!カメラ初心者にオススメです!
カメラケースに使われていないNikon D3200とf4の24-120mmレンズがあったので感じたままに撮ってみました。その使い勝手や感想を...
スポンサーリンク

Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRとは

Nikonの標準ズームレンズでフルサイズにも対応しています。開放絞りは通しでf4、焦点距離は24mmから120mmまで。広角から中望遠まで1本でカバーできるスグレモノのお散歩レンズなのです!しかも手ぶれ補正付き〜♪

24-120はおデブなレンズ

d3200_02

NIKON D600 (70mm, f4, 1/30 , ISO800)

フィルター径は77mm、重量は710g、長さは約10cm。かなりデカくて太くて重いレンズ。正直、D3200に装着するとレンズが際立つことこの上ないw

ナノクリスタルコートだから逆光に強い

nikkor24-120f401

NIKON D3200 (55mm, f5, 1/40 , ISO100)

nikkor24-120f402

NIKON D3200 (75mm, f8, 1/640 , ISO100)

逆光で撮影するとレンズに光が入るゴーストやフレアを軽減してくれるレンズコーティングがされています。逆光で撮影したハイビスカスもフレアせず綺麗に撮れましたよ〜

レンズフレア (Lens flare) は、カメラによって写真・映像を撮影する際に、極めて明るい光源がレンズに向けて当てられている時や、画角内に極めて明るい光源が存在する場合に生じる、暗部への光の漏れである。

引用:レンズフレア – Wikipedia 

D3200に装着してみた

24mmだとこうなる

d3200_03

NIKON D600 (70mm, f4, 1/30 , ISO800)

120mmにするとこうなるw

d3200_04

NIKON D600 (70mm, f4, 1/30 , ISO800)

にょーんww

かなり前方に突出するのが分かりますね!出っ張りすぎです。マジで!片手でカメラを構えるとレンズが重くて下に引っ張られるような感覚になりますよ。

うん、D3200にはかなりバランスが悪いなw

焦点距離について

ちなみにD3200はDXフォーマット(撮像素子がAPS-C相当)なので24-120mmの焦点距離は35mm換算にすると36-180mm相当になります。そんなこと言われてもパッとこないですよねこちらの写真をご覧あれ!

焦点距離24mm

d3200-photo_03

NIKON D3200 (24mm, f4, 1/500 , ISO100)

焦点距離120mm

d3200-photo_02

NIKON D3200 (120mm, f4, 1/160 , ISO100)

大体7〜8mは離れていると思いますがこのぐらい撮影することができます。やはり便利♪ 重いがなw

のぶ的まとめ

  • 一本で広範囲をカバーできる
  • ゴーストやフレアに強い
  • 重いが手ぶれ補正もあるよ

これ一本あれば大抵のものは撮影できてとっても便利な標準ズーム!重いのも長いのも愛嬌w

レンズ交換できるのが一眼レフカメラの醍醐味なのに、レンズ交換する必要がないというね…良いのか悪いのかw

大丈夫。描写とかも綺麗に再現できるオススメのレンズです。一度はお試しあれ!それでは^^