[b]なぜこうも差が出るのか?写真は撮ったままがベストを勘違いしてないかい?

当ブログの写真を見て良い感想をくれる方々がいます。本当にありがとうございます!前回の記事では提供写真に突っ込みまくりましたが、意外に好評だったようですw

シリーズ化してほしいとまで言われまてマジ感激しております!

そんな記事まだ見てないよの方は下記リンクよりどうぞ▼

[b]そんな写真修正してやる!ダメ出しを求められたので徹底的にやってやりました。
「ダメ出しされたい…」「お叱りを受けたい…」世の中には稀有な方々がいるようで一瞬、耳を疑いたくなりましたがどうやら本気らしい。 ...

さておき、僕の写真とあなたの写真に違いはあるのか?なぜ差があるように見えるのか?

答えはカンタン。僕は写真をより良くなるように「加工」しているからです。

写真の加工は悪なのか?

僕はこれっぽっちもそんな事は思わないですね。むしろ加工ありきだとさえ思っています。

当ブログで掲載している僕の写真もほぼ加工しています。後述しますがLightroomでのRAW現像やPhotoshopでの補正でより綺麗にしています。(加工って言うほど大したことしてませんがw)

写真は加工して当たり前なのです!

スポンサーリンク

加工していない写真など存在しない

ご存知でしょうか?

デジカメで撮影すると背面モニターで画像の確認ができますがアレ、すでに加工されたものなんですよ?

撮影された元データ(RAWデータ)はカメラの中で処理され現像されたものが「jpg」という拡張子の写真なのです。

このjpgに変換されるときに適用されるのがNikonでいうピクチャーコントロール。

これを「風景」や「ビビッド」と変える事でそれぞれ定められたコントラスト、色合い、彩度でカメラ内で現像しています。

写真を撮影して表示されるまでの間にそんな処理がされていたのですね!

RAWデータについて

上記はカメラの設定を「jpg」で撮影したときの話。これを最初から「RAW(ろう)」という元データで撮影することもできます。

ただしRAWデータそのままでは画像(写真)として使えませんのでご注意ください。必ず「RAW現像(ろうげんぞう)」という処理を行いjpgに現像変換しないといけないのです。

これを行うのが「Lightroom(らいとるーむ)」を代表とする現像ソフトです。

RAWデータの特徴

RAWデータは写された写真の明るさや色といった全てのデータを含んでいるので容量が大きいのが特徴で、普通に1枚10Mバイトを軽く超えます。

上位モデルだと30Mバイト以上にもなります。記録メディアが何枚あっても足りない〜と言うこともあるある。

話を戻ります。

RAWデータのままではコントラストも薄く、色も白っぽくてもわもわした無加工なのである意味「撮ったまま」の状態ですね。

現像はどっちがやるのか?

単純な違いはココ。RAW現像を人がやるのかカメラがやるのかということ。上記で言ったようにピクチャーコントロールの設定でカメラの処理は決まります。

好みに仕上げるならば間違いなく人がやった方がいいに決まっています。

人の手で現像すると事細かに補正することができ、撮影者の意図を反映した処理ができます。ただしLightroomなど現像ソフトがないとできないので要注意。

撮ったままがベストの真相とは

これが意味することは「露出」「構図」のことをさします。

現像ソフトができることは多彩で、明るさ、色、トリミング、歪み、彩度、ノイズ、シャープと細かく言えばもっとあります。

これならばどんな写真でも加工できて失敗写真なんて無さそうですよね?

適正露出で撮る理由

Lightroomでは露光量(写真の明るさ)を±4段分ほど調整できます。そのため露出アンダーやオーバーで撮ってしまってもRAW現像である程度はなんとか補正できてしまうのです。

RAW現像で補正できるのならば失敗という失敗はないかと思えるでしょう。

そんな都合のいい話はありえないから!

例えば、-3段以上もアンダーで撮影した暗い写真をRAW現像で明るくするとしましょう。確かに明るくできます。

ただし真っ黒に潰れてしまった部分は明るくできません。また無理やり明るくしているのでノイズも出ます。はっきり言ってガジガジして汚いです。

次は+3段以上もオーバーで撮影した真っ白な写真を暗くするとしましょう。

これも明るさを抑えることはできますが、白飛びした部分は直せません。見れるように補正はできますがアンダー同様に綺麗な写真にはなりません。

>過度な露出オーバーやアンダーは色情報も正確に残せないため適正露出に比べると再現力が全く違います。これが適正露出で撮る理由です。

ベストな構図で撮る必要性

RAW現像ではトリミングも出来ます。

例えば、トリミングができるからといって人物の全身を撮影したものを顔だけトリミングすると画像サイズは小さくなり画質も荒れます。

そうならないようにトリミングはほぼ要らないように構図を作らないといけないのです。なんでもかんでもRAW現像でどうにかできるものでは無いということです。

このことから写真の「露出」と「構図」は撮影段階でベストにしていく必要があるのです。

のぶ的まとめ

僕がブログで掲載する写真が良く見えるのは「撮ったまま」ではないだけだと思います。もちろん露出も構図もしっかり撮っていますが、RAW現像をしっかりやって「より良くなる」ように加工しているだけに過ぎないです。

使っているカメラはエントリー機のD3200。上位モデルというわけではありません。LightroomやPhotoshopを使えばあなたの写真も僕の写真のように綺麗に「加工」できますよ。
(この記事のアイキャッチはD600ですw)

なぜデジイチで撮ってもこんなに写真が違うのか?答えは単純でしたね。

以上のぶでした、まったね〜

スポンサーリンク
[b]なぜこうも差が出るのか?写真は撮ったままがベストを勘違いしてないかい?
この記事をお届けした
のぶログらいくすの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローはこちらから↓