[b]タイトルはキーワードが命!検索されて読まれる記事作りのアドバイス

ブログ運営報告の記事がなぜか拡散してしまい冷や汗なのぶです。

タイトルに見るなとつけるくらいなら公開しなければいいだろ!というツッコミは止めてください。

スポンサーリンク

ブログ運営のアドバイスを頂きました。

しょぼいアクセスを晒す公開処刑は無事にやり遂げました。なかには温かーいコメントやアドバイスを頂きました。

もぉ〜あったかいんだから〜♪

検索流入を意識した記事を書け!

アナリティクスを見ると検索流入は約45%ほど。ですがブログの検索流入は50〜70%が一般的と聞いたことあります。

対してTwitterやはてなのSNSからの流入は約30%。いかに日頃から仲良くしてもらってる方のアクセスが多いかが分かります。

では、検索流入を意識した記事作りとは具体的にどうしたらいいのでしょうか?

もっと記事タイトルにキーワードを盛り込もう!

記事タイトルにキーワードが少ないとご指摘を頂きました。ブログの運営には戦略が必要です。ただ適当に書いてアクセスが増えるものではありません。

検索にヒットさせるには記事タイトルに検索されるキーワードを入れる必要があります。

この検索キーワードはどうやってつけるといいのでしょうか?

  1. 時事的なネタを入れる
  2. 悩みを解決する方法など
  3. 興味関心のあるもの

時事的な記事は確かに検索されやすいですが、寿命の短いアクセスとなります。

悩みを解決する記事、興味や関心に書かれた記事とは爆発的なアクセスはありませんが、悩みや興味が尽きない限りアクセスが見込める寿命の長い記事になります。

記事タイトルにキーワードを盛ることにより検索からの流入を望めるようになります。

タイトルは記事内容が分かるように!

記事タイトルに盛り込むキーワードは30文字以内に入れます。これは検索結果で表示される一覧での文字数を参考にしています。

またタイトルは長ければ良いというものではありません。どなたかが調べたかは忘れましたが、平均的なタイトル文字数は20〜40字と言われています。

検索する人のために「この記事読みたい」「知りたいこと分かるかも」と記事内容が分かるタイトルをつけましょう!

のぶ的まとめ

  • 検索される記事を書く
  • タイトルはキーワードが命
  • ブログの向こうには人がいる

ブログを訪問してくれる方に「なるほど!」「役に立った」「面白い」と言ってもらえるようなブログを運営していきたいですね。それでは^ ^b

スポンサーリンク
[b]タイトルはキーワードが命!検索されて読まれる記事作りのアドバイス
この記事をお届けした
のぶログらいくすの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローはこちらから↓