綺麗に星空が撮れるカメラの設定と必要な機材。

満天の空に君の声が
響いてもいいような綺麗な夜
悲しみが悲しみで終わらぬよう
せめて地球はまわってみせた

from トレモロ via RADWIMPS3~無人島に持っていき忘れた一枚~|RADWIMPS

仕事の帰り道、運転中いつもより星がきらめくことに気づきヘッドライトを消してみる。

空に広がる輝く星空を写真に収めたい衝動にかられ、急いで車を停めてカメラの準備をする。

妻や子ども達がぼくの帰りを待っている。

早く帰りたい気持ちと写真を撮りたい欲求でなんとも言えない感情になりながら初めての天体写真に挑戦した。

スポンサーリンク

星空を撮るために必要な機材

「夜空に広がる満天の星を撮影してみたい… 」

カメラを手にした人なら一度は夜景や天体写真を撮影してみたいと思ったことがあるんじゃないでしょうか?

星空の写真撮影は思っている以上に難しいものではありません。

デジタル一眼レフカメラはもちろんミラーレス機でも撮影することができます。

星を撮るためにはカメラの設定と必要な機材がありますので一つずつ解説していきましょう。

三脚

星や夜景の撮影は夜に行うため基本的に暗いです。

シャッタースピードが大変遅くなりますので星空写真には三脚が必要不可欠です。

基本的にはカメラとレンズを支えることができればいいのですがある程度しっかりした三脚がオススメです。

あまりにも軽い三脚だと風にあおられて倒れたり写真がブレる可能性もあるので気をつけてください。

ぼくはSLIK PRO 7000という三脚を使ってますが、前のモデルなのかAmazonでは見当たらなかったのでコチラを紹介。

自由雲台でManfrottoの三脚もAmazonレビューが多くて評判です。

ライト

星空が目視できるような場所は辺りが真っ暗なことがほとんど。

カメラを三脚にセッテイングしたり設定を変えたりとするときにライトがないと作業がはかどりません。

頭にはめるタイプのライトがあるとかなり便利です。

ぼくはライトを持っていなかったためiPhoneのライト機能で頑張りましたがものすごくやりにくかったです。

パーマセルテープ

天体写真撮影はマニュアルフォーカスになるのでレンズのピントリングを回して調整していきます。

不意に触ってピントがズレないようにパーマセルテープを貼って固定すると安心です。

パーマセルは剥離テープなので剥がしやすくアトも残りません。

ピントがズレても修正すればいいのでパーマセルは必須というわけではありません。

レリーズ

星空写真は超スローシャッターでの撮影になります。

シャッターボタンを押し込むことですら手ぶれになることもあります。

そこでシャッターボタンに触れずにシャッターを切れるレリーズがあると便利。

セルフタイマーで代用することもできるのでがレリーズがあればスムーズに撮影できます。

リモートは対応機種があるのでお手持ちのカメラに対応しているか要確認です。

星空を撮るためのカメラの設定

今度は星空を撮るためにするカメラやレンズの解説をしていきましょう。

レンズ側をマニュアルフォーカスにする

starry-sky_01

NIKON D3 (60mm, f3.5, 1/50 , ISO800)

レンズの横にある「M/A : M」のレバーを「M」に移動させます。これでマニュアルフォーカスで撮影できるようになります。

ピントは無限遠に合わせる

starry-sky_02

NIKON D3 (60mm, f3.2, 1/80 , ISO800)

ピントリングを回して「∞」に合わせます。ズームリングではなく、ピントリングです。

ちゃんとファインダーかライブビューにして星にピントがきているか確認してください。星の明るさにもよりますが暗くてかなり見えづらいです。

starry-sky_05

NIKON D3 (60mm, f3.2, 1/80 , ISO800)

ピントがイマイチきていなければ無限遠にこだわらずにピントがくるまで調整しましょう。

f2.8以下の明るい広角レンズがいい

starry-sky_03

NIKON D3 (60mm, f4, 1/80 , ISO800)

明るいレンズがいいのは絞りを開放にして撮影するからです。絞りを開けられれば開けれるだけ露光時間やISO感度に余裕ができます。

また広角なレンズであれば空を広く撮ることができるのでf2.8の広角ズームレンズがオススメです。

ホワイトバランスは蛍光灯がオススメ

ホワイトバランスは「蛍光灯」や「タングステン」など3000Kくらい青くすると夜空っぽくて好きです(個人的感想w)

オートや5000Kで撮ると黄色っぽい色味になります。これはこれで綺麗です。

やはり個人的には青みがかった星空の写真が好みです。

撮影の設定

  • 絞り:開放にする
  • シャッタースピード:20秒(目安)
  • ISO感度:200〜800

先ほども言いましたが絞りは開放にします。

シャッタスピードは20秒を目安に撮りながら写り具合に応じてシャッタースピードを短くしたり長くしたりしてください。

ちなみに「20秒」です、「1/20秒」ではありません。

シャッタースピードの20秒はカメラでは「20″」と表記されますのでお間違いのないように。

ISO感度は200から攻めていきましょう。上記のシャッタースピードと絞りで明るく撮れなかったらISO感度を上げていきます。

現場では液晶ディスプレイのみでの確認になるので様々な露出で撮影しておいて後ほどパソコンでチェックするようにすると失敗が減ると思います。

長秒時ノイズ軽減はオフにしてもいい

starry-sky_04

NIKON D3 (60mm, f3.2, 1/80 , ISO800)

長秒時ノイズ軽減はオフにしてもいいかもしれません。

これは長時間露光するとセンサーに発生するノイズを抑えようとする機能なんですが露光時間にかかったのと同じ時間で処理されます。

つまり20秒で撮影したらノイズ軽減処理にも20秒かかるのです。

軽減処理中のカメラでは続けて撮影や画像プレビューはできないので終るまで待たないといけません。

ましてや六つ切りやA4プリントのように大きくしない限りノイズやザラつきは気にならないと思いますので「長秒時ノイズ軽減:しない」でも問題ないと思います。
(実際に試したわけではないので画質の保証は出来かねます、あしからず)

のぶ的まとめ

starry-sky_06

NIKON D3S (17mm, f2.8, 30 , ISO200)

星景撮影の一番の難関はピント合わせかもしれません。あとは天気や気温との戦いになりそうですね。

この記事をご覧いただきましたら星空写真の撮影に是非チャレンジしてみてください。

以上、のぶでした〜