[b]カンタンなのに便利すぎる!すこぶる写真撮影がはかどる方法親指AFを知ってる?!

あなたも僕も写真を撮るときはシャッターボタン半押しでピントを合わせ、全押しでシャッターを切りますよね?

そしてまた被写体にフォーカスを当て、ピントを取り、フレーミングして写真を撮る…

写真を撮るためには当たり前のことなんですが、たまにダルくなりませんか?
(僕がこんなことを言ってはいけない気もしますがw)

そんなあなた(?)のためにカンタンに出来てすこぶる撮影がはかどる方法をご紹介しましょう!

スポンサーリンク

ねぇ、親指オートフォーカスって知ってる?

ご存知の方もいらっしゃるとは思います。そんな方はそっと[x]ボタンを押して違う記事を読んでくれると嬉しいです。

まず確認してもらいたいのがカメラを右手で持つ時の親指付近に[AF-ON]や[AE-L/AF-L]というボタンがあるかどうか。カメラのモデルによっては[AF-ON]は無いとか思います。

今回はこの[AE-L/AF-L]ボタンの設定を変えていきます。

親指でピントを合わせられるようにする方法

thumb-auto-focus01

やり方はいたってカンタン!

[MENU]→[セットアップメニュー]→[ボタン動作オプション]→[AE/AFロックボタンの機能]→[AF-ON]にしてOKボタンを押しましょう。

この設定をしたら「ピントを合わせるのは親指の[AE/AF-L]ボタン」「シャッターを切るのは人差し指のシャッターボタン」と言うように機能を分けることができるようになります。

おそらくこれを聞いても「?」となることでしょう。がしかし、この方法は動いているものの撮影や同じ構図で何枚も撮りたい時にうってつけなのです。

動きものの撮影方法は次回の記事にしますのでお待ちください^^

【記事紹介】[b]電車や車など動くものを撮影する為の2つの方法

親指オートフォーカスの便利なところ

それは
親指でボタンを押している間、ずっとピントが合っている状態になること!

ふふふ…ますます「?」となることでしょうw 写真を撮るときのことを思い出したもらいたいのですが、

  1. 半押ししてピントを合わせる
  2. 構図を作る
  3. 全押ししてシャッターを切る
  4. またピントを合わせる
  5. 構図つくって
  6. そしてシャッターを切る

こうなるはず。従来の人差し指でピントを合わせてシャッターを切るとその瞬間ピントが外れます。また撮りたい時は再度ピントを合わせないといけません。

ここです!これがダルいのです。

それを一発で解消できるのがこの親指でオートフォーカスする方法です。

親指でボタンを押している間ピントが合っている状態になるので何回でもシャッターを切ることができます!

上の流れで言うと「4. またピントを合わせる」を省くことができるので構図を作ることに集中できるうえ、人差し指はシャッターに集中できるので手ぶれや誤ってシャッターを切るリスクも防げます!

親指オートフォーカスって便利すぎる!

親指オートフォーカスで不便すること

不便というほどのことではありませんが写真を縦位置で撮る際、構え方によっては写真が撮りにくい場合があります。

右手が上になるように縦位置で構える分にはまだいいのですが、右手が下になるようにカメラを構えると安定に欠け撮りづらいです。

余程のことがない限りは縦位置も撮りやすい構え方をすればいいだけなので問題無いでしょう!

親指オートフォーカスの設定をするとシャッターボタンでピントを合わせることは出来なくなりますのでご注意を(5/6追記)

のぶ的まとめ

はじめは親指オートフォーカスに慣れるまで違和感があるかもしれませんが操作していくうちに気にならなくなります。

何度もピントを取り直す手間を省けるので写真撮影がはかどること間違いなし!ぜひ一度試してみてください。のぶでした!

まったね〜^^

スポンサーリンク
[b]カンタンなのに便利すぎる!すこぶる写真撮影がはかどる方法親指AFを知ってる?!
この記事をお届けした
のぶログらいくすの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローはこちらから↓