[b]身体への負担軽減が思った以上にスゴイ!人と環境にやさしいヨガマットでヨガを始めよう!

Active Winnerのバランスボールに続き、ヨガマットもレビューしていきます。

前々からヨガも取り入れてダイエットしていこうと考えていたので今回ヨガマットを初めて手に取ってみました。まずはヨガマットがどんなものか紹介していきます。

スポンサーリンク

Active Winnerのヨガマット

yogamat_03

NIKON D3200 (120mm, f4, 1/20 , ISO1600)
  • サイズ:183cm x 63cm x 0.6cm
  • 材質:PVC(塩化ビニール)
  • 付属品:キャリーストラップ

このヨガマットには「Active Winner」のロゴやテキストが印字されています。

ヨガマットの色は二つあって、黒と紫があったのでぼくは紫にしてみました。派手すぎず落ち着いた色合いで気に入っています。

ヨガマットを使う前のお手入れ

  1. 水やぬるま湯でマットを濡らし、柔らかい布でマット表面をやさしくこすり洗いする
  2. 乾いたバスタオルなどの大きな布で、マットを挟み込むように水分を拭き取る
  3. 風通しのいい日陰で乾燥させる

開封後にこのお手入れをすることで滑りにくくなるようです。ぼくが梱包から開けてみた感じ塩化ビニール素材の匂いや滑りは無かったのでそのまま使用しています。

しばらく使って滑ってきたなと感じたらこのお手入れをしていきましょう!

環境に配慮したEco-friendly

品質検査機関SGSを合格。環境を乱さないEco-friendlyで人にもやさしく有害物質は一切使われていないので安心。これなら長く使えそうですね!

グリップ性で滑りにくい

yogamat_04

NIKON D3200 (48mm, f4, 1/20 , ISO1600)

マット自体に滑りにくいような素材を使用してグリップ力を高めているので強い力をかけても問題はないそうです。ぺろーんとめくってみると裏のグリップが確認できます。

実際にマットに飛び乗っても全然滑ることなくグリップしているので、これも安心して使えるポイントになりますね!

形状を記憶している

yogamat_02

NIKON D3200 (24mm, f4, 1/25 , ISO1600)

形状記憶仕様のヨガマットなのでポージングやエクササイズをサポートし膝や腰の負担を軽減してくれます。

ヨガマットが届いた時は上の写真のようにくるまっていたのですが、広げるとゆっくりですがキレイに平らになりました。

yogamat_05

NIKON D3200 (31mm, f4, 1/25 , ISO1600)

ヨガマットで筋トレしてみた

yogamat_07

NIKON D3200 (120mm, f4, 1/60 , ISO1600)

フローリングにヨガマットを敷いて寝そべってみるとお尻や背中や肩が全然痛くありません。6mmしか厚さがないと思って舐めてました…なかなか出来る子のようです。

腹筋しても腰が痛くならないし尾てい骨にも負担がありません。腕立てをしてみてもヨガマットは全く滑らずしっかりサポートしてくれます。これは良い!

持ち運びや収納しやすい

yogamat_08

NIKON D3200 (35mm, f4, 1/30 , ISO1600)

付属のキャリーストラップがあるので軽くて持ち運びもラクラク!丸めてストラップで留めれば収納にも場所をとりません。

のぶ的まとめ

ヨガマットを今回初めて触ってみたのですが思った以上にグリップ感や身体への負担軽減を実感できて良かったです!

また環境にも配慮されていて安心して使えるのがいいですよね^^

これからヨガを始めたい方。興味がある方はまずヨガマットから準備してみてはどうでしょうか?

この記事でレビューしたのはActive Winnerのヨガマット(6mm)です。下記からチェックしてみてくださいね^^

以上、のぶでした!まったね〜^^

ピラティススタイル